芸術的シャンプー ピュエルのメリット

芸術的シャンプー、ピュエルのデメリット

【BP】その実力にNewYork Post誌も「艶の女王」 と大絶賛!!!  ピュエル トリートメント700g【ビューティプランニングstmx】

 

・価格が若干高め
市販のシャンプーに比べると若干お値段は高いのですが、
逆に美容室で売られているシャンプーよりは安く手に入るようです。
使用してみると見た目より長持ちしたという意見も多数あるので、
コストパフォーマンスは悪くないのではないかと思います。
なるべく良いものを使いたいが美容室のシャンプーは高すぎて手を出しにくい、
いつも市販のシャンプーを使っているが高いものとどう違うのか試してみたい、
というような方にも良いのではないでしょうか。

 

・詰め替えタイプが無い
ピュエルのシャンプー・トリートメント・ヘアパックは
通常タイプ、大容量タイプ、と好きなものを選ぶことが出来ますが
詰め替え用が無く、毎回ボトルが無駄になってしまうというデメリットがあります。

 

・ベタつきがある
これは好みの問題かもしれませんが、
ピュエルのシャンプーは他のものに比べベタつきがあるタイプで、
サッパリ系のシャンプーが好きな方にはあまり合わないようです。

 

・香りが好みでは無い
こちらも良い香りだったという意見と、逆に好きになれなかったという意見がありますので、個人の好みによりそうです。
好きになれなかった意見としては、甘酸っぱいのが合わなかった、人工的に感じた、などがあるようです。

 

>>【BP】7年間で100万人に愛された髪の匠がつくった芸術的シャンプー。ピュエル シャンプー800ml